大阪市浪速区のVIO医療脱毛ランキング

大阪市浪速区のVIO医療脱毛の『総額料金』を調査して安い順にランキング! 2021年9月21日現在、1件登録。最安値は95,000円、平均は95,000円です。医療脱毛(医療レーザー脱毛)の値段をまとめて調査してコスパのいいところを教えます。脱毛器や麻酔の有無などいろいろな比較項目がありますが、最初は料金で比較するのがおすすめです。 VIO脱毛に対応しているクリニックは、全身脱毛や部分脱毛にも対応しているところも多いので気になるところをまとめて脱毛してみては?
ちなみに、脱毛サロンは1件登録しています。最安値は110,400円、平均は110,400円です。
総登録件数:2件
脱毛するなら8月~9月がおすすめ。照射しても抜けるまでには10日から2週間、長い人で3週間ぐらい必要です。迷っているなら無料カウンセリングのクリニックで話を聞いて判断するのが一番早いです。
更新:

大阪市浪速区 VIO医療脱毛の価格

なんばふみもとクリニック
V・I・Oラインセット 5回
104,500円(税込)
備考:1回 19,000円
住所
大阪府大阪市浪速区難波中2丁目3-3 森川医療ビル 4階
アクセス
なんば駅: 徒歩2分
駐車場:近隣有料駐車場
使用機材
メディオスター
店舗の特徴
形成外科・皮膚科・美容外科の診療を行っています。
調査日:2020/06/03



参考: 大阪市浪速区 の脱毛サロン

ミュゼプラチナム なんばパークスタワー店
ハイジニーナ7美容脱毛コース 12回
脱毛サロン 女性料金 121,440円
(税込)
備考:アプリダウンロード価格
(4回コース 36,800円)x3
住所
大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10-70 なんばパークス パークスタワー8F
アクセス
なんば駅: 直結
駐車場:近隣有料駐車場
キャンペーン
今だけの限定キャンペーン
店舗の特徴
ミュゼが美容脱毛サロンNo.1の理由
1.無理な勧誘はしません
2.追加料金無し、表示価格のみ
3.カンセリングは無料
4.全国179店舗(2020年9月時点)どこでも通える
5.公式アプリで予約&変更
6.きちんとした返金システム
7.安心の回数保証
8.女性専用サロン
調査日:2020/04/20


後悔しないクリニックの選び方

・施術範囲の確認
特にVIOの脱毛をする場合は、施術範囲を確認してください。「VIO脱毛」はクリニックによって「Vラインのみ」から「ハイジーナ(無毛)」まで対応している範囲が異なります。また、範囲によって料金が異なることがあります。
・口コミを過剰に信用しない
口コミは、偽装が簡単だから信頼性は低いです。自作自演で良い事を書くこともあるし、競合店が悪評を書くこともあります。カウンセリングで自分で確認するのが一番です。
・施術費用以外の料金もチェック
剃り残しの剃毛代・麻酔代・初診料/再診料・薬代・予約キャンセル用など、クリニックによって無料だったり有料だったりしますので確認が必要です。
・予約のとりやすさ
安くて評判もいいクリニックでも予約が取りにくいと脱毛の完了まで時間がかかってしまいます。カウンセリングの際に予約状況を聞いてみるといいでしょう。
・通いやすさ
「通いやすさ」というのは駅からの近さだけではありません。多店舗展開しているクリニックでは、他の店舗でも施術を受けることができることが多いので、住まいの近く・職場の近くをその都度選択できるだけでなく、引っ越しをしても近隣にあれば無理なく施術を受けるとこもできます。

注意したい無料カウンセリング

「無料カウンセリング」とは謳っていてもクリニックもボランティアではないので、勧誘や契約の話は多少あるのが普通です。ご自身の仕事を振り返ってもお客様に商品を勧めるのは自然な行為と理解できると思います。気になる問題は、その「手法」や「強引」の程度でしょう。
例えば「必ず印鑑を持ってきてください」と言われたら要注意どころかキャンセルしたほうがいいです。契約するまで帰さないつもりですから。
また、他のクリニックを批判して自分の施術のほうが優れているとアピールするクリニックも注意です。実際にそうだったとしても、悪口をいう人は、人として信用できません。
即決するつもりがないなら、契約するまで帰さない雰囲気でも選ぶ権利はこちら側にあるので、勇気を持って「帰ってから検討します」「他の比べて検討します」と言って帰りましょう。

カウンセリングでするべき質問

  • プランの内容について
  • 脱毛できるVIOのエリアの具体的な範囲
  • 麻酔のありなし、有料・無料
  • 自己処理について、剃毛する場合の料金
  • 予約の方法とキャンセルについて
  • 支払い方法と解約の方法
  • 脱毛機とその特徴

トラブル回避クイズ

美容医療サービス全般のトラブルが「政府広報オンライン」や「国民生活センター」 にたくさん寄せられています。トラブルに合わないためによくある話をクイズ形式で出題します。